糖尿病や血糖値の気になる方のためのオリゴ糖の効果についてまとめました。

そして特に気になる、
血糖値を上げにくいオリゴ糖とそうでないものとの違い
について取り上げていますのでご参考にしてください。

糖尿病にオリゴ糖が良いという理由

健康な腸

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなって腸の環境を整えてくれる働きがあることで知られていますが、糖尿病や予備軍も含めて糖質を抑えたい人にも役立つということで注目を浴びています。

ここでは糖尿病にオリゴ糖をおすすめするポイントを上げてみたいと思います。

1、 血糖値の上昇を抑える

血糖値は砂糖や炭水化物などの糖質を摂取した時に上昇します。オリゴ糖は砂糖に比べて血糖値の上昇が緩やかなので毎日の食事をオリゴ糖に置き換えることで血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

血糖値の急な上昇が体にダメージを与えることがわかっていますので、糖尿病予防のためには血糖値の上昇を抑えてくれるオリゴ糖を利用することが望ましいと言えます。砂糖より優しい甘みでカロリーも控えめなので血糖値が気になる人やダイエットにはおすすめです。

2、 便秘の解消に役立つ

腹部をおさえる男性

糖尿病の症状のひとつに便秘になりやすいということがありますが、それは糖尿病による神経障害からくるものです。

自律神経が高血糖によってダメージを受けてしまうと自律神経のコントロールがうまく働かずに便秘になりやすくなるようです。

腸内の善玉菌はオリゴ糖が腸内に届くとそれをエサにしてどんどん増えていきますので腸の蠕動運動を促して便秘の解消に役立ちます。

3、免疫力アップにも効果がある

オリゴ糖が腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良くするということがわかりましたが、腸内環境が整うと免疫力が高まるといわれています。

腸は最大の免疫器官とも言われ、およそ7割の免疫システムを司っていると言われるほど重要な器官です。腸の重要な働きは外部から侵入したウィルスや細菌を腸で吸収させずに排出させることです。オリゴ糖で腸内の善玉菌を増やして腸の働きを活発にさせることで免疫力も高まるということになります。

オリゴ糖を選ぶポイント

医師からの解説

オリゴ糖には難消化性と消化性の2つの種類がありますが、多くは難消化性のものです。難消化性のオリゴ糖は消化されにくく腸まで届きやすいので腸の働きを活発化させますので、オリゴ糖を選ぶ場合にはこちらの難消化性のものを選ぶことが大切です。

消化性のオリゴ糖は消化されやすくエネルギーになってしまうので糖尿病の方には逆効果です。ちなみに消化性のオリゴ糖とはイソマルオリゴ糖のことで、ハチミツや醤油、味噌などに含まれている種類のものです。

スーパーなどで売られているシロップタイプのオリゴ糖の多くは消化性のイソマルトオリゴ糖が使用されていますから、それ以外のオリゴ糖を選ぶと良いでしょう。

糖尿病に効果的なオリゴ糖ランキング

糖尿病に効果的なオリゴ糖1位 カイテキオリゴ

糖尿病に効果的なオリゴ糖1位 カイテキオリゴの特徴

カイテキオリゴの特色は、
・オリゴ糖の純度がほぼ100%で低カロリー、血糖値を上げにくい
・オール天然原料で安心
・6種のオリゴ糖をブレンドすることでたくさんの善玉菌にアプローチ
・相談窓口に健康管理士を配置し徹底サポート
といった点があります。

価格 容量
 定期初回1,419円(税別)  150g(約1ヶ月分)
原材料
 ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳糖、イソマルトオリゴ糖、ショ糖/環状オリゴ糖、難消化性デキストリン、アカシア食物繊維
備考
 定期コースの2回目以降は最大20%オフで2,270円(税別)。ただし3ヶ月以上継続の条件あり。

カイテキオリゴの総評

粉末タイプのオリゴ糖で、よく見かけるシロップタイプのような含有率が低かったり、砂糖や水飴が含まれているというのない純度ほぼ100%のオリゴ糖です。血糖値を上げにくい甘味料として、腸内環境を整えるサプリとして毎日の健康増進に役立つ製品です。

糖尿病に効果的なオリゴ糖2位 どっさんこオリゴ便

糖尿病に効果的なオリゴ糖2位 どっさんこオリゴ便の特徴

どっさんこオリゴ便の特色は、
・オリゴ糖と乳酸菌でお腹の調子を整える
・2種類のオリゴ糖で相乗効果
・「すんき漬け」由来の腸に届きやすい乳酸菌を使用
・3大添加物を不使用
・初回1,000円で気軽に試せる
といった点があります。

価格 容量
 税別1,000円  約14g(約7日分)
原材料
 フラクトオリゴ糖、ミルクオリゴ糖、食物繊維、すんき漬け由来乳酸菌(植物性乳酸菌)
備考
 定期コースは3,241円(税抜)となります。

どっさんこオリゴ便の総評

フラクトオリゴ糖・ミルクオリゴ糖が使用されていますが、どちらも難消化性オリゴ糖です。乳酸菌が配合されているところが大きなポイントで、ダブルパワーで腸内環境を整えて、免疫力を高めるのにも役立ちそうです。

糖尿病に効果的なオリゴ糖3位 はぐくみオリゴ

糖尿病に効果的なオリゴ糖3位 はぐくみオリゴの特徴

はぐくみオリゴの特色は、
・高純度で濃密な5種のオリゴ糖を配合
・全て天然原料のみで安心
・定期コースはいつでも解約できる
・10日間なら返金も請求できる
といった点があります。

価格 容量
 税込3,680円(送料300円)  150g(約1ヶ月分)
原材料
 ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
備考
 定期コースは初回1,840円(税込)。いつでも解約可

はぐくみオリゴの総評

妊婦も飲める安全で低カロリーのオリゴ糖です。添加物不使用で安心して使えるだけでなく、5種のオリゴ糖をブレンドすることで効果的に腸に働きかけ、体内環境を良好に保ってくれます。

オリゴ糖と血糖値の関連性について

血糖値の基本知識

血糖とは血液中のブドウ糖のことで、食事から摂り入れた炭水化物や糖質がブドウ糖に分解され、血液中に放出されます。

ブドウ糖はエネルギーとして使われますが、通常はある決まった濃度に保持されています。

糖質を食べると血液中のブドウ糖値が上昇します。その現象を血糖値の上昇を意味するGI値、正式名称はグリセミック・インデックスと呼ばれる指標で表示されます。

血糖値が上昇しやすい糖質の多い食べ物を摂り入れると血液中のブドウ糖の濃度が上昇して、それを処理するためにインスリンという物質が放出されます。

インスリンは体内に糖を摂り入れるために出るホルモンで、インスリンを放出すると血糖値が下がります。

糖質を多量に摂れば、高血糖となります。その状態が長期に続くとインスリンの分泌も過度に増えて、適切な量以上に糖が取り込まれ脂肪となって増大し溜まっていきます。

高血糖の状況が持続するとインスリンが不足して、血糖値の調整機能が困難となり結果として糖尿病につながる危険性があります。

ですから、血糖値がずっと高い状況が続かないような食事を心掛けることが大切です。

オリゴ糖のGI値は?

粉末オリゴ糖

血糖値が急上昇しやすい食品は基本、炭水化物などの糖質ですが、精製された砂糖のGI値が109であれば、難消化性のオリゴ糖のGI値は10くらいです。

同じ糖質であってもオリゴ糖の方がかなり低GI値となっていますので、血糖値を上がらないようにするために、砂糖よりもオリゴ糖を使用する方が良いでしょう。

オリゴ糖に血糖値を下げる効果があるのではなく、血糖値の急激な上昇が起こらないと言う意味で血糖値を気にかけている人には、オリゴ糖を活用して血糖値のコントロールが可能になります。

また、オリゴ糖はカロリーも低いので体重を落としたい人にも効果的です。さらに、腸内環境を正常にするため、便秘を改善する働きもあります。

ですが、料理用などの液体タイプのオリゴ糖の中には白砂糖や人工甘味料などの添加物が入っていることがあるので、オリゴ糖含有量を製品の成分表でチェックしてから購入しましょう。

1番のおすすめはカイテキオリゴ

カイテキオリゴ

糖尿病の方の血糖値対策として効果のありそうなオリゴ糖をピックアップしてきましたが、私の個人的なおすすめはやはりカイテキオリゴです。

粉状でサラサラして料理にもドリンクにも使いやすいですし、何よりオリゴ糖の純度が100%に近いので、血糖値が気になる人も安心して使える点が素晴らしいと思います。

単なる甘味料ではなく、腸内環境を整える上でも役立つ健康食品ですから、続けることで体の内面から活力を生じさせていくことができます。

腸内に善玉菌が増えると、免疫力が高まるだけでなく、血液をサラサラにしたり、代謝を良くすることにつながります。

これらは糖尿病の症状を進行させてないためにもとても大切なことですから、高品質のオリゴ糖であるカイテキオリゴは糖尿病の方や血糖値の気になる方にぜひ習慣として加えていただきたい食品です。

カイテキオリゴについての詳細は以下をクリックして公式サイトでご確認ください。

↓ ↓ ↓

100万個以上売れてるカイテキオリゴこちら

Copyright© オリゴ糖ライフ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.